ネイルで人を笑顔にしよう

福祉ネイリストの認定を行っているシニアチャレンジッドメンタルビューティー協会(SMBA) この協会では、日本中がネイルで癒し、元気、希望を感じ笑顔になれる手伝いをしたいと、活動が続けられています。

福祉ネイリストを利用した施設からは、 「入所者に笑顔が増えた」 「利用者が前向きな気持ちになった」 「ネイリストの会話が楽しい」 と言った声が多く寄せられ、福祉ネイリストの仕事は社会貢献にもつながっているのです。

街を歩いていても、介護福祉施設が次々と建設されているのを見かけます。

今後、オシャレに関心の高い世代が、施設利用者となっていくことで、より福祉ネイリストへの期待が高まっていくでしょう。


介護福祉の夢を叶えてみませんか?

福祉関係で働きたいという夢がある女性は多いはず。

その一方で、取りたい資格は敷居が高かったり、介護の仕事は体力的に無理だったりと、諦めてしまうケースが少なくありません。

そんな時にも、福祉ネイリストの資格はオススメです。

7日間のカリキュラムと卒業試験、約3時間の実地研修を行えば、憧れの介護福祉施設を職場として、働くことができるのです。

施設を訪問する形ですから、入居者とトラブルになることもまずありません。

感謝の気持ちを目いっぱい受け取れる福祉ネイリスト。

これからの時代に、自分らしく輝くためにも、手に入れて損はないですよ。